七五三メイクの失敗パターンは?対処法や未然に防ぐ方法をご紹介!

イベント

子供の七五三のメイクを、自分でしてあげたいと思っているときってどんなことに気を付けたらいいんでしょう?

大人と同じようにメイクしてもいいのでしょうか?

失敗したらどうしたらいいのでしょう?

今回は、七五三メイクの失敗パターンと対処法さらに未然に防ぐ方法をご紹介します!

スポンサーリンク

七五三メイクの失敗パターンは?

おどろく着物の女の子

七五三メイクでの失敗パターンをご紹介します。

  • メイクが濃い
  • メイクが崩れる
  • 肌が荒れる

主に3点あげられますが、詳しく見ていきましょう!

メイクが濃い

ハレの日の子供が可愛くなるようにと大人と同じメイクをしてしまうと、メイクが濃くなってしまいます。

子供の肌ってハリがあって透明感があり羨ましいですよね!

私は、娘の肌がモチモチしてすべすべなので、そばにいるときはついつい子供の肌を触ってしまいます。

みなさんもそうじゃないですか?

せっかくこんなにきれいな肌をしているのだから、それを生かしたほうがいいと私は強く思います!

メイクが濃いと、たしかにキレイになりますが作られた肌は大人にも再現可能で、子供らしさが無くなってしまい七五三に向きません。

また、メイクが濃くなることで子供が違和感を感じてしまいます。

メイクが崩れる

例えばグロスをしっかり塗ると、べたついてしまい子供が気になって唇を着物の袖で拭ってしまい、着物を汚す可能性大です。

さらに、目や唇を拭ってしまうことでメイクがぐちゃぐちゃになってピエロのようになってしまうこともあります。

5歳の娘は、よく子供用のメイク道具を使ってメイクをして遊ぶのですが、やはり違和感があるのか口紅やアイシャドウを塗った後すぐにタオルでふき取ってしまって、毎回自らメイクを崩しています。

肌が荒れる

子供の肌は敏感で化粧慣れしていないので、濃いメイクや大人と同じ化粧品を使用することで肌が荒れる可能性があります。

大人でも、化粧品を変えるだけでできものができることがありませんか?

私はファンデーションが合わないとすぐ吹き出物ができてしまいます。

特に、アレルギーを持っているお子さんは注意してくださいね。

七五三メイクで失敗した場合の対処法は?

着物を着た女の子

では、七五三メイクが失敗した場合って、どう対処したらいいのでしょう?

子供の行事はアクシデントがつきものです。

準備して万全を尽くしましょう!

メイク落としシートを持参する

メイクが崩れてしまったらすぐに落とせるように、メイク落としシートを持参しましょう。

メイク落としシートは、子供でも使っても安心できる低刺激なものにすれば安心ですね。

着替えを持っていく

メイクで着物を汚してしまったり、子供が着物が窮屈で嫌がったときのために着替えを持っていくと安心です。

七五三の祈祷までする場合は、時間がかかることもあります。

慣れない着物なうえに時間がかかってしまうと、子供は退屈して動き回ったりぐずったりしますよね。

フォーマルワンピースなどきちんとした洋服だと着物の代わりの七五三の正装になっておすすめです!

メイクをしっかり落として保湿する

メイクはしっかり落として保湿しましょう

子供の肌は乾燥しやすいです。

メイクを落としたまま何もしなかったら、ガサガサになってしまう子もいます。

病院で処方してもらう薬がやはり一番効いて早く治るので、肌が荒れてしまったら、早めに病院に行って薬を処方してもらいましょう。

七五三メイクの失敗を未然に防ぐ方法?

着物を着た姉妹

そもそも七五三メイクを失敗しないためにはどうしたらいいでしょう?

七五三メイクの失敗を未然に防ぐ方法を見ていきましょう!

薄くメイクにする

子供の肌はメイクをしなくてもとっても綺麗です。

 

着物やドレスに合う薄いメイクを心がけましょう。

 

眉毛を少し整えて、フェイスパウダーにピンクのリップがおすすめです!

アイシャドウを塗るのであれば、淡い色を薄く塗ってあげましょう。

自然なメイクだと、子供が違和感を感じて着物の袖でメイクをこすり取ることはしないですよ!

もしも、着物でこすったとしても、汚れが目立ちません。

撮影が終わったらすぐにメイクを落とす

写真撮影が終わったらすぐにメイクを落としましょう。

すぐに、メイクを落とすことでメイクで着物やドレスを汚す可能性を極力減らしましょう!

子供は、メイクを気にして行動しません。

 

顔が搔きたくなったら掻くし、ぐずったら抱っこしてとママやパパに抱きついてきます。

 

メイク落としシートがあれば、すぐに落とすことができます。

 

刺激の少ない化粧品を使う

低刺激の化粧品を使って肌が荒れないようにしましょう。

大人用の化粧品を使う場合は、パッチテストをしてから使いましょう。

事前にメイクしてみる

子供が当日ぐずらないように、事前にメイクして予行練習しましょう。

子供の大好きなキャラクターやプリンセスもメイクしていることを伝え、メイクをすることに良い印象を持たせるのがおすすめです。

娘は、ディズニープリンセスが大好きなので、ディズニープリンセスのメイクセットを購入してあげたら、メイクすることが大好きになりましたよ!

まとめ

今回は、子供の七五三メイクの失敗パターンと対処法、更に未然に防ぐ方法についてお伝えしました。

すっぴんでも子供は十分に可愛いですが、薄くメイクすると着物やドレスとマッチして写真映えしておすすめです。

ぜひ七五三メイクを成功させて、良い思い出を作ってくださいね!

 

七五三は年長と一年生どっちがいいか悩んでいる方はコチラ!

>>七五三は年長と一年生どっちがベスト?メリットデメリットは?おすすめはコッチ!

 

 

スポンサーリンク
イベント
ワーママ!フーミンの親育て部屋

コメント