我が家のCASIO-GP1000のレビュー!私が選んだ理由はコレ!

CASIOのピアノ 子供の習い事

子供がピアノを習って一年経ち、ピアノの先生からピアノの購入を勧められました。

我が家は悩んだあげくCASIO-GP1000を購入しました。

今回は、CASIO-GP1000のレビューを書きます!

 

今まで使っていた電子ピアノは鍵盤が軽く、レッスンでグランドピアノを弾いたときに下まで鍵盤を叩かず、音が小さくなっているとピアノの先生から指摘を受けたんです。

先生からは、アップライトピアノ又はハイブリットピアノの購入を勧められましたが、我が家はハイブリッドピアノを選びました。

 

こんな人におすすめ

  • CASIO-GP1000の購入を検討していて気になっている人
  • ピアノを習っていて、これからピアノを購入しようとしている人
  • ハイブリットピアノを購入しようとしている人で、どれにしようか悩んでいる人

 

スポンサーリンク

私がCASIO-GP1000を選んだ理由はコレ!

CASIOのピアノ

ずばりグランドピアノと鍵盤の重さやタッチが似ているからです!!

ハンマーアクションがグランドピアノと同じ構造で上に跳ね上げる方式のため、トリルがしやすくなっています。

 

レッスンや発表会、検定を受けるときはグランドピアノを弾きます。

そのため、私は練習のときでもグランドピアノと同じタッチで弾けるのが一番重要だと考えました。

でも、グランドピアノは大きくて高額だし、マンション住まいの我が家には合いません。

CASIO-GP1000であれば、お値段もそこそこでグランドピアノを弾いたときのような感覚を味わうことができ、ヘッドホン使用で夜間でも練習可能とコスパが良いのでとってもおススメです!

 

また、他のCASIOのハイブリッドピアノと違って、唯一日本語表記というところも有難いです。

 

では実際に購入したCASIO-GP1000は、どんなピアノなのかレビューしてみました。

 

我が家のCASIO-GP1000のレビュー!

ピアノの全体

我が家が、CASIO-GP1000を購入して約1か月半後、やっと自宅に届きました。

CASIO-GP1000は組み立て式になるので、楽器運搬の専門業者の方が組み立てくれました。

作業時間約20分・・。

組み立て式には見えない、仕上がり。

横幅があり、色も黒なので存在感がありますがアコースティックピアノに見える外観で高級感があります。

 

楽譜を置いたピアノ

最初は圧迫感のない白いピアノを検討していましたが、黒いピアノは楽譜が白いためコントラストになって見やすい!

 

鏡面仕上げのため、高級感以外にピアノに写った自分の指の形をチェックしながらピアノが弾けるという利点があります!

 

楽譜を置いた譜面台

譜面台は倒すことができませんが、引き抜くことはできます。

 

ピアノの椅子

椅子は重くて硬いのですが、島村楽器店でセットで購入した防音マットが椅子の部分まであるので、傷がつかなくて良いです。

 

ピアノのハンマーアクション

天板を開けるとハンマーアクションを見ることができるので面白いですが、子供が物を落とす可能性があるので普段は閉めておいたほうが良さそう。

 

鍵盤を弾く指

鍵盤も木製でできており、本物のグランドピアノを弾いている感覚です。

 

ハイブリッドピアノのボタン

ボタンは押しづらいけど、慣れると気になりません。

電源は入れると、30秒くらいたって音を出すことができるのですが入れたての音がベルリングランドとなっておりベヒシュタインの音色で弾くことができます。

私は、3番目の音(ベルリングランドのブライト)が音に透明感があって響きが良く好きです。

 

音色は35種類あって、それ以外に細かく設定ができるようなのですが・・電源を切ると初期設定に戻るようです。

 

私は、グランドピアノと同じ鍵盤タッチで弾けることを最優先にして購入しているので細かく設定する予定はないのですが、細かく設定する人にとっては、電源を入れるたびに毎回設定し直すのは少し面倒かもしれません。

 

ヘッドホンジャックは2つあるので、子供が夜ヘッドホンで練習するときに一緒に聴くことができるので便利です!

CASIO-GP1000の購入時に、付属のヘッドホン以外に島村楽器オリジナルのヘッドホンもセットで購入したのですが、耳へのフィット感が良く直接スピーカーから聞いているような感じでよかったです。

 

ハイブリッドピアノのUSB差込口

Bluetoothが内蔵されていないので、YouTubeやアプリの曲をピアノのスピーカーから聴けないのが残念ですが、USBの差し込み口がありUSBに保存された曲であれば聴くことが可能です。

 

CASIO-GP1000ってどんなピアノ?

ピアノの鍵盤

CASIO-GP1000のピアノはどんなピアノかご紹介します。

  • 島村楽器とCASIOがコラボレーションして誕生したハイブリッドピアノ
  • ベヒシュタインと共同開発しており、ベヒシュタインの音で弾くことが可能
  • 鍵盤がすべて木製でできており、グランドピアノと同じハンマーアクションを搭載しているため、グランドピアノ同じ弾き心地
  • 鏡面仕上げになっており、アコースティックピアノをコンパクトにしたような外観

まとめ

今回は、我が家が購入したCASIO-GP1000のレビューと選んだ理由についてお伝えしました。

CASIO-GP1000は、今まで使っていた電子ピアノは全然違い、ピアノを弾くのも聴くのも楽しくなりました。

購入したてで、まだ全てを使いこなせていないので、娘の練習に付き合いながら気づいたことやおすすめな機能があったらまたご報告しますね!

 

幼児がピアノを習うなら、絶対音感を身に付けることをおすすめします!

>>絶対音感の訓練方法をご紹介!

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
子供の習い事
ワーママ!フーミンの親育て部屋

コメント